和室のサッシ取付で外付け木枠を付けました

お客様のご要望 和室で障子付きのサッシを防音用に交換するときには、外付け木枠を取り付けてサッシを取り付けます。
防音サッシは、防音性能を保つためにクレセントが一般サッシより大きめです。

そのため、一般サッシと同じ位置にサッシを取り付けると障子にクレセントがあたってしまって、閉まらなくなってしまいます。
外付け木枠の幅サイズは12cmほどです。

取付には大工の熟練の技術が必要です。

S様邸では、サッシの前にガラスの引き戸が付いていました。

施工事例データ

住所 東京都日野市
施工箇所 和室 防音サッシ
施工内容 和室サッシ交換
施工前はこちら

サッシの室内側に敷居とガラス戸がついています。
日本ハウジング協会による施工中の様子

古いサッシと戸袋を外しました。


外付け木枠を取り付けました。


サッシ枠を取り付けました。
施工が完了しました

サッシ取付完了

リフォーム担当者の声




防音サッシのクレセントはこんな感じです。このクレセントで引き違いサッシをしっかりと引き寄せて閉めると防音性能が上がります。
 

日本ハウジング協会の騒音対策お役立ち情報

  • 防音工事について
  • 防音工事の助成金について
  • 機能復旧工事について
  • 介護保険による住宅改修
  • リフォームメニュー
  • 防音リフォームの流れ
  • よくある質問
日本ハウジング協会の騒音対策お役立ち情報
日本ハウジング協会のブログ